学生はなんだかんだお金がかかる…

学生って案外お金がかかりますよね。サークル活動費、飲み代、ファッション、遊びも勉強もいろいろと。
結局、何をするにもお金がかかってしまいますから。

 

私も学生時代は結構お金がかかっていたのを覚えています。
アルバイトも週に4、5回は入っていたんですど、それでも給料日前はキツキツでお金が足りなくなります。
仕方なくアルバイトも2個掛け持ちしていましたね(^^;

 

ですので、私は学生でも利用できるカードローンを利用しながら、うまくやりくりしていました!

 

最初は、友人がカードローンを利用していて、便利だと教えてくれたのですが、なんとなくカードローンって怖いものだというイメージがあって利用するのをためらっていました。

 

しかし、1度だけみんなで旅行に行くことになって、どうしても大き目のお金が必要なことがあり、その時にカードローンを初めて利用しました。

 

実際に利用してみると、ちゃんと計画的に利用している行けば本当に便利なものだと思いましたね(^^)/

 

色々なちょこちょこ細かい事にカードローンを利用すると大変かもしれませんが、旅行などのような大きめのお金が必要な時は、ローンを利用すると便利かと思いますよ。

 

利用後に少しずつ返済していくという感じで使うと良いかと思います。

 

自分の中で使い方をちゃんと決めて、計画的に使うことでカードローンもうまく利用することができますよ。

 

あと、学生がカードローンを利用するためには、アルバイトをしていないといけません。なので、もしアルバイトをしていないならば、まずはアルバイト探すことから始めるようにしましょう。

 

以下で、学生でも借りられる大手で安心なカードローン、キャッシング会社を紹介しておきますね↓

 

学生にお勧めのカードローン

プロミス


学生さんが借りるローンとしてお勧めなのが「プロミス」です。

 

まずプロミスは初めて契約する方で、Eメールアドレスを登録して、書面の受け取り方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択すれば、30日間無利息で利用することができます。

 

プロミスの無利息ローンは、実際にお金を借りた日から30日間無利息ですので、無駄なくお得に借りる事ができます。
ですので、事前に契約してローンカードを作っておくのも良いかもしれませんね。

 

学生でも即日融資も可能で、土日・祝日でもネット申し込み後に自動契約機に行けば、その日のうちにローンカードを手に入れることができますよ。

 

>>プロミス 申込はこちら

 

 

 

お申込み条件とは?

申し込みの条件として、学生さんがカードローンを利用するのであれば、収入と年齢の条件があります。

 

その条件が、「20歳以上」「アルバイトをしている」の2つの条件です。

 

この2つの条件がそろっていれば、学生さんでもカードローンを利用することができますよ。

 

アルバイトに関しては収入はあまり関係がありません。収入の多い少ないよりも、毎月収入が入ってくる事が大切なんです。

 

アルバイトで、毎月3万円程しか稼いでないけど…という場合でも毎月の収入があるのでOKですよ。

 

お申し込後の結果にもよりますが、基本的には借り入れが可能な金額は、最大で年収の3分の1までと決まりがあります。

 

例えば、月々3万円の場合、3万円の12ヶ月で36万円、36万円の3分の1なので12万円まで借りる事が可能となりますね。

 

カードローンができない方は、「アルバイトをしているけれども未成年」「収入はゼロだけども20歳以上」の方は残念ながら利用できないです。

 

あなたがもしカードローンを利用する場合、まずはこの条件に当てはまるかどうか確認するようにしましょう。

 

お申込み方法について
お申込み方法ですが、電話でのお申込み、ネットからのお申込み、店舗でのお申込みなどいくつか方法があります。

 

その中でも1番おすすめなのがインターネットからお申込みをする方法です。

 

24時間いつでもお申込みをすることが出来ますしね。また、携帯やスマホから申し込めるので簡単ですので。

 

わざわざ店舗に行く必要もなく、ネットから必要な項目を入力していくだけとなります。

 

申込が完了すれば、あとは審査の結果を待つのみです。審査に通ればローンカードが発行され、現金を借りる事が出来ますよ(^^)/

 

ローンカードを使えば、コンビニのATMや銀行のATMでお金を借りる事ができるようになります。

 

 

カードローン体験談

引越しのためキャッシング利用しました。

この度、結婚をしまして、今まで住んでいた1Kのアパートから2LDKのマンションへ引っ越すこととなりました。

 

引越しにはお金がかかることは分かっていました。
しかし、引越しに伴って家具・家電などに思った以上に費用がかかってしまい、予算を大幅にオーバーしてしまったのです。

 

そこで、学生の時に数回利用したことがあったカードローンを利用することにしました。

 

学生の時はアルバイトしかしていなかったので、少額しか借りる事は出来ませんでしたが、
今は社会人となり毎月20万円ほどの収入があるため、30万円程借り入れをすることが出来ました!

 

そのおかげで無事に引越し費用も払うことが出来、新居で必要な家具家電一式もそろえることができました。

 

返済自体も一気に返す必要もなくコツコツ毎月返済していけばOKなので、
急な出費や大きなまとまった金額が必要になったときはキャッシングを利用すると本当に便利だなと改めて実感しました。

 

卒業旅行でグアムに・・・

大学4年生の頃の話です。私はサークルには入っていなかったのですが、仲の良かった友達と学生最後の旅行、卒業旅行に行くことにしました。
場所はグアムです!!
すごく楽しみなのですが、1つだけ問題がありました。。。それが、旅行費用の問題です。
私はお金使いも荒く、稼いだお金はすぐに使ってしまいます。

 

アルバイトはしていたのですが、貯金はほとんど無いという状況でした。
どうしようかと悩んだ結果、ローンでお金を借りられることを知り、借りたお金で旅行へ行くことにしたんです。

 

実際に大手の消費者金融に申し込みをすると結構すんなり審査も通って、お金を借りることができました。
実際にグアムは3泊4日で、めちゃくちゃ楽しめました^ ^

 

最初は少しローンで借りるのには不安があったのですが、借りてよかったです。

 

10万円借りてディズニーランドへ

彼女とディズニーランドに行きました!
はじめてのディズニーランドだったのですごく楽しかったです^ ^
ただ、旅行に行くまでがすごーく大変でした。
僕は福岡市に住んでいるので、飛行機代、宿泊費などいろいろ費用がかかってしまいます。

 

ぶっちゃけ、貯金はあんまし無くて、かのに見栄を張って「連れて行ってやる!」と宣言してしまったんですね。
言ったからには約束は守るべきなのですが、すぐすぐ10万近いお金を用意できるわけもなく。

 

結局、ローンでお金を借りることにしました。カードローンですと利用用途は自由なので旅行にも使えます。
おかげで、彼女も喜んでくれたし、めちゃくちゃ楽しめたので良かったです。

 

学生でもローンでお金を借りられるので、お金がすぐいる方は活用してみるといいですよ。

 

 

キャッシングについて
申込自体の易しさ…。

電話を介した在籍確認ができないと、審査をパスできないことも十分考えられます。その結果お金を借りるのも不可能になるので、何があっても電話を取れるようにしておかなければダメです。
おまとめローンを組んで支払い負担を軽くしたいなら、むろん今までより低金利になる銀行に申し込んだ方が賢明です。利率が低くないおまとめローンに変更した場合は、利用価値は何もないということはご理解いただけるでしょう。
キャッシングの申込方法も色々ありますが、その中の1つであるネット申込は、家でも仕事の最中でも手続きすることができますし、審査に必要な時間も短くなるので、即日融資も不可能ではありません。
実は総量規制にも例外規定があります。代表例を挙げると、「おまとめローン」で借金をするときは、総量規制の範囲に入らないので、年収の1/3超の融資申し込みが可能ということなのです。
銀行で利用できるカードローンは、たいていの場合300万円以下の借入は収入証明書は取得不要となっているのです。消費者金融と比較してみると、その点につきましては手間要らずだと言えるのではないでしょうか。
カードローンの借り換えを実施するときも、間違いなく返済していけるかどうかを見るために会社ごとに審査が実施されます。言うまでもなくこの規定の審査に通らない限り、借り換えすることは不可能なわけです。
業者それぞれに審査基準に若干差があると断言できます。実際に私が申し込んでみて、審査をパスしやすいと感じた消費者金融をランキング一覧にしてまとめてみましたので、ウォッチしていただければありがたいです。
カードローンの借り換えの一番の特長は、当たり前ですが金利を下げられることです。基本的に一回契約を締結したカードローンの利率は、契約中はそうそう下げてくれることはないでしょう。
消費者金融と言いますのは、全体的にカードローンの審査は緩めで、銀行の審査に通らなかった人でもOKになる場合があるそうです。とは言え、所得が全くない人は最初から拒否されますので、覚えておきましょう。
申込自体の易しさ、審査終了までの時間、キャッシュを手にできるまでの時間などを基に、安心できる消費者金融をランキング形式にてご紹介中です。
カードローンの借り換えを実行した際に多々見られるのが、何個もあった借入先を1つにしたことで油断してしまって、ますます借入を重ねてしまい、結局支払い負担が増えてしまったというケースです。
金融機関にすれば、「お金を借りるという人が確かに収入がある」という確証を得る作業を行わなくてはなりません。それが在籍確認だと考えてください。
カードローン事業者を比較検討する際に、注目して貰いたいポイントをお教えします。「カードローンを利用してみたいけど、ローン業者を絞り込めない」と苦悩している人は一度ご覧になってみてください。
銀行やその子会社のカードローンは、消費者金融が扱っているカードローンと比較すると分かる通り低金利が適用されており、尚且つ総量規制対象外なので、年間の総支給額の1/3を超えるお金を借りることもできます。
審査でOKをもらうのが比較的難しい銀行が展開しているフリーローンは低金利で借入できるので、消費者金融発のものを利用するのと比較しても、数段返済負担を軽減することができるのです。

 

銀行で利用できるカードローンは…。

法律による総量規制が免除される場合があります。具体的な例を挙げると、「おまとめローン」に申し込む際は、総量規制は適用されず、年収の3分の1を上回るローンを組むことが可能というわけです。
全国展開しているような消費者金融を選べば、申込をする際に「在籍確認は書類で行なってほしい」と申し出ることで、電話による在籍確認をせずにお金を借りることが可能になる場合もあると聞きます。
無利息期間を30日間と決めているローン会社が多い印象ですが、別途7日間という期間に限定する代わりに、お金をすべて返せば次月よりもう一度同じ期間無利息でキャッシングできるところも見られます。
カードローンの審査で確認されるのはキャリアと現在の収入ですが、以前借りていたお金のことが審査に悪影響をもたらすことも少なくありません。過去に借入していたことは、JICC(日本信用情報機構) などに記録されているので、絶対に誤魔化せません。
カードローンの審査で念入りに調査するところは、確実に給与をもらっているかどうかです。審査は年を追うごとにシビアになってきており、バイトしかしていない人などは審査で却下されることが多いです。
この頃はキャッシングの申込方法も多数あり、自身の生活環境や都合と合致する方法がラインナップされているので、非常に利用しやすくなったと言えるでしょう。
総量規制の対象となるのは、個人が借金をするという場合です。それ故、一個人が仕事用の資金として借金する場合は、総量規制は適用外となります。
カードローンの借り換えを利用するときに要になるのが、「どの業者を利用するか?」です。審査基準は高いですが、押しなべて銀行のカードローンサービスの方が、消費者金融と比較検証してみても低金利になっていると言えるでしょう。
フリーローンを利用する場合は、銀行提供のものが低金利だというのが定説ですが、CMでひんぱんに見かける業界大手の消費者金融においても、低利息で借入可能なところが増してきたとのことです。
消費者金融というところは、平均的にカードローンの審査は甘めで、銀行の審査を通過できなかった人でも通る場合があるようです。とは言え、収入が一切ない人は初めから対象外となりますので、頭に入れておきましょう。
銀行で利用できるカードローンは、多くの場合借入額が300万円を超えなければ収入証明書の提供は不要なのです。消費者金融なんかより、その部分に関しましては優位性があると言えると思います。
キャッシングしようという時に、理解しておくべき基礎知識は多数ありますが、殊更大切なのが総量規制だと言っていいでしょう。
低金利がメリットのおまとめローンをチョイスするときは、見逃せない点があります。それと言いますのは、上限金利が他社と比べて低くなっているということなのです。40〜50万円程度の借金に関しては、上限金利が適用されると決定しているからです。
即日融資を利用するしかないと考えるわけは、唐突に資金が入り用になったためですが、そういう時に「収入証明書を用意してください!」と言われても、すぐに準備できないですよね。
申込自体のシンプルさ、審査完了までの時間、入金までのスピードなどを基に、利便性の高い消費者金融をランキング付けしてご紹介します。

 

おまとめローンを利用したいという時に…。

無利息適用期限内に全額返済できなくても、違約金などはないですから、キャッシングサービスを検討している場合は、当然無利息期間設定のあるキャッシングサービスを利用するべきです。
『即日融資』を打ち出していても、それぞれのキャッシング会社によって、即日に融資できる時間帯が同じではないので、はじめにその時間帯を確かめてからアクションを起こしましょう。
いつでも好きな時に即日融資で資金を調達できると思うのは間違いです。ほとんどの業者はウイークデーの午後2時までに手続きを済ませないと、申込を入れた日にお金を得ることはできないことを念頭に置いておきましょう。
おまとめローンを利用したいという時に、まず「どこに申し込むのが一番得か?」と悩みますが、その際は銀行系をピックアップすれば大丈夫です。
「本日中に借金がしたい」という人にとっては、どの金融業者にお願いするのかはとても重要です。当WEBページでは、キャッシュを引き出すまでがすこぶる早い消費者金融をランキングにしてご紹介中です。
キャッシングの審査が即実施されるキャッシングの申込方法と言ったら、Web上での申込です。キャッシング契約に使う書類もWebを利用して即送付できるので、申込みの完了と同時に審査が始められるというのが特長です。
カードローンに関しましては、消費者金融系のものから銀行系のものまで、数々の商品が用意されているので、失敗することがないように、信用できるデータを基に、じっくり比較した後に申し込みに進む必要があります。
カードローンの金利を比較したいと言うのであれば、「上限金利」と「下限金利」の2種類を区別して行なうようにしなければなりません。なぜそうするのかと言うと、金利は「借入金額次第で変わる」となっているからなのです。
どの消費者金融で借り入れすべきかわからないという方に役立てていただくべく、各項目で消費者金融をランキング順に並べております。絶対に参考になると自信を持って言えます。
おまとめローンを申し込む目的は、高金利のローン事業者より低金利のローン事業者にシフトすることで、月々の支払い額を軽減するのは言うに及ばず、返済総額の引き下げを実現するということだと言えます。
収入を得ていない方は、総量規制の対象となる金融業者からは、基本的に借金することはできません。ゆえに主婦が貸付してもらえるのは、銀行に限られるというのが正直なところです。
2010年に施行された総量規制は、過度な借入れができないようにして、我々消費者を守ってくれるルールなのですが、「総量規制に抵触してしまうと、絶対にローンを組めなくなる」というのは誤りです。
次の給料日に借金を完済するなど、1ヶ月という期間内にお金を返すことが可能な人は、無利息サービスを提供しているカードローンを利用する方がベターだと覚えておいてください。
最近はキャッシングの申込方法もたくさんあり、自分自身の生活サイクルやニーズに応じた方法を選べるので、格段に便利になったと言っていいでしょう。
「給料日の数日前に急に友人に呼び出された」などでお金を用意しなければいけなくなったという場合は、無利息で借り入れできる金融機関がいくつかありますので、そういったところを利用する方が賢明だと思います。